忍者ブログ

[PR]

2017年11月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新作に期待する

2006年12月28日

12月です。今年も終わりです。雪がありません(泣)
毎年行っていたスノボーも今年中は無理ですね。

このブログもゲーム攻略中しか更新されません。
したがって今は休止中。でもあんまり更新しないのも寂しいので
新作にかける期待を語ります。

ゲーム名:リーズのアトリエ~オルドールの錬金術師~
開発元:ガスト
動作機種:ニンテンドーDS
発売時期:2007年3月
公式サイト:http://atelier-lise.jp/

アトリエシリーズ最新作です。キャッチフレーズ「新しいけど、懐かしい」にあるように
初期のアトリエ作品が戻ってきたみたいですね。これは期待大です。

アトリエシリーズはもう何作も出ていますが、途中から路線が変更したため
調合より冒険が主となってしまいました。
これは初期アトリエファンとしては非常に悲しかったです。
アトリエシリーズといえば主人公が非力な錬金術師。依頼請けて、調合して、材料が足りなかったら傭兵雇って遠方まで繰り出す。途中全滅するのは当たり前。マルチシナリオでマルチエンディング。
なのに昨今の作品は剣振り回してるし…調合しないし……。主人公はぶっとんでないし(ここ重要)
別物として考えれば面白いゲームなんですが、アトリエでは………ない。

次作の主人公はお姫様。しかも借金だらけで国が差し押さえられたという設定(すごい設定だ)
そしてその国からトンズラしてきたプリンセス
傭兵雇って街外に繰り出し、材料拾って帰る。調合して依頼請けて金を稼ぐ。
戻ってキターって感じですね。リリーみたいに恋愛要素もあるとなおグッドかも(それは無理か)

うずうずしますね。プレイしたいです。でもまずはDS買わねば。

PR

無双4猛将伝、立志モード

2006年09月05日
真・三國無双4猛将伝、立志モードのお話し(「ときメモやれよ」というツッコミは痛い)

今までビジュアル的に魏延を敬遠してたのだが、曹操の埋伏命令で魏延の配下に。武器を貰ったので使ってみるとコレが以外に使い易い(驚)。でもがに股………作成キャラ女の子なんだよなー……がに股はちょっとなぁ………
裏切るのが少々心苦しくなったなーと思いつつ曹操の前に魏延を引っ張り出す。「裏切ルノカ………!」いや、本当にごめん。諸葛亮に辛く当たられて配下にも裏切られる君は【反骨の相】っていうより【反骨される相】って感じになっちゃった(でも容赦なく撃破)。クリア後、残す武器はやっぱり使い慣れた魏延の武器。がに股でもいいもんっ。ストリートダンスみたいにくるくる回りたいんだもんっ。
 | HOME |